パソコン豆知識

まずはパソコン再起動

パソコンは有線・無線によるインターネットへの接続方法があります。

 

有線使用

家庭におけるパソコンは据え置き型のデスクトップが多いのですが、移動させる事が大変ですのでパソコン本体部にケーブルをつないでインターネットをする必要があります。本体・ケーブル以外にモデム等の接続機器が必要で、電話回線接続口にケーブル〜モデム〜ケーブル〜本体とつなぐとインターネットにつながります。プロバイダ契約も同時にしないと接続できませんので回線契約と同時に結んでしまいましょう。

 

無線接続

無線接続は、ノートパソコンの接続においては主流となっていてどこでもインターネットが出来る点が大変魅力です。家庭で接続するには無線LANシステムを構築する必要があり、家電量販店で数千円の機器を買わなければなりません。家庭でインターネット回線を契約しておけば、機器を接続するだけで簡単にインターネットに接続できます。最近ではノートパソコン以外にもスマートフォン・ポータブルゲーム・テレビをはじめとした情報機器に接続できますので、家庭で遊ぶ機会がある人は買っておいても損はありません。
回線速度は、光回線やケーブルテレビ経由なら有線とほとんど変わらないのでストレス知らずと言えます。

 

繋がらなくなった時の対策

パソコンをインターネットに接続して使用する際にはネットワーク接続と呼ばれる設定を使用し、ルーターやモデムを経由して通信を行う事になります。
インターネットに繋がらない・通信速度が極端に遅いといったトラブルは日常的に起こる可能性があり、通信経路上のどこかで異常の生じている場合がほとんどです。
まず、代表的な原因としてはLANケーブルや無線LANの通信がうまく行われていないパターンが挙げられます。
これらは一時的な機器の不調やケーブルの断線、またはドライバの破損といった基本的な原因が主に考えられます。
よってケーブルに問題がないか、LANドライバやパソコンのサービスが正常に動作しているかを確認し、パソコンを再起動する事で多くの場合は解決します。
それでもネットワーク接続がうまくいかない場合は、モデムやルーターなどの機器に異常があるか、回線事業者・プロバイダで問題が生じている可能性が考えられます。
モデムやルーターは、IPアドレスの管理や接続されている機器の情報を保持しており、不具合が発生すると極端な通信速度の低下や通信障害が起こる場合もあります。
ネットワーク接続に不調が現れた際には、これらの機器の設定を見直したりリセットを行う事で解決する可能性が高くなります。

 

 

ネットワークが不調なときの対策関連ページ

デスクトップとノートPCのメリット・デメリット
ショートカットでパソコンを便利に使う
ゲームPCを使ったりカスタマイズするために必要な情報をお届けします。