HP ENVY Phoenix 810-180jp 実機レビュー

HP ENVY Phoenix 810-180jpならどんなゲームでも快適プレイ!

ゲームPCといえばBTOメーカーが販売しているイメージが強いですよね。でも世界的に有名なパソコンメーカーもハイスペックなゲームPCを販売しています。今回はHP ENVY Phoenix 810-180jpを入手したので、実機レビューをしていきます。

 

HP ENVY Phoenix 810-180jpのスペック

CPU Core i7-4770
メモリ 8GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX760
HDD 1TB HDD
OS Windows8 64bit

 

CPUは文句なしです。ハイエンドゲーミングPCに使われている性能の高いCPUですね。ただ、このCPUに対してメモリがちょっと足りない印象です。カスタマイズで16GBまで増やすことをおすすめします。さらにこだわるならHDDをSSDに変更しましょう。SSDはOSの起動だけ速くなると思っているかもしれませんが、オンラインゲームの起動やマップ読み込みも高速化できるため、大きなメリットがあります。

 

HP ENVY Phoenix 810-180jpの外観

斜めから
HP ENVY Phoenix 810-180jp 実機レビュー

 

正面
HP ENVY Phoenix 810-180jp 実機レビュー

 

正面の接続端子
HP ENVY Phoenix 810-180jp 実機レビュー

 

右側
HP ENVY Phoenix 810-180jp 実機レビュー

 

左側
HP ENVY Phoenix 810-180jp 実機レビュー

 

背面
HP ENVY Phoenix 810-180jp 実機レビュー

 

グラフィックボードの接続端子
HP ENVY Phoenix 810-180jp 実機レビュー

 

音声端子やUSB端子など
HP ENVY Phoenix 810-180jp 実機レビュー

 

サイズは普通です。デスクトップとしては一般的な大きさだと感じました。前面は光沢があって格好良いですね。高級感溢れるデザインです。スイッチをいれると赤色LEDが内部で光り出し、さらにクールな印象になります。

 

デザインだけでなく実用性も優れています。背面だけでなく前面にもUSBポートと音声端子が搭載されているため、マウスやヘッドセットを接続できます。背後しか選択肢がないよりもずっと使いやすいはずです。背面にもUSBポートが6個もあるので、足りなくなることはありえません。

 

ちなみに起動させていて気付いたのですが、音が非常に静かです。赤く光るから起動したとすぐわかりますが、音だけ聞いていたら起動しているのかわからないくらい静音設計です。水冷CPUクーラーの威力を思い知りました。オンラインゲームをやっている方は夜中も付けっぱなしにすることもあると思います。そんな時に、五月蝿くないデスクトップはとても嬉しいですね。

 

HP ENVY Phoenix 810-180jpのベンチマークスコア

今回、ベンチマークの計測に使用したのは新生FF4ベンチマークとPSO2ベンチマークです。最新の人気オンラインゲームで高いスコアが出れば、他のオンランゲームなら余裕で動くはずです。ちなみにどちらも最高画質+1920x1080という設定です。

 

ただ、残念なことにスクリーンショットを撮影したのに画像が消えてしまいました。そこで覚えている範囲でHP ENVY Phoenix 810-180jpのベンチマークスコアをご紹介します。新生FF14は7000くらいでした。「非常に快適」という評価だったため、最高画質設定でも問題なくプレイできます。

 

PSO2は30000点台でした。最高画質でこれなら標準画質で50000点はいくはずです。ベンチマークを計測している最中は映像が滑らかでしたし、カクカクすることもなかったので、アクション性の高いオンラインゲームやFPSで最高のパフォーマンスを発揮してくれそうです。

 

スペックの割に価格が安くコスパが良いのも魅力です。もしも予算に余裕があるなら、メモリを16GBに、HDDをSSDにGTX760をGTX780にしてみてください。そうすればさらにスペックが向上し、これからサービスが開始される最新オンラインゲームも快適にプレイできます。出張サポート付きの格安モデルもあるので、トラブルに備えるのもおすすめです。

 

HP ENVY Phoenix 810-180jpの詳細はこちら

 

HP Directplus オンラインストア